Latest Entries

新しい仲間が増えました!

今年度も長野中央病院ではたくさんの新しい仲間を迎えることができました。
4月3日より入職した看護師さんは合わせて26名!
早速今週から研修が始まっています。

先週は全職種合同、今週は看護部のみの集合研修でした。
自己紹介から始まって、
2017414自己紹介

仕事で基本となることから医療安全や感染の勉強、
実際に採血を練習する研修もありました。
2017414採血①
2017414採血②


他にもエンゼルケアや清潔操作、
他職種によるトランスファーや呼吸器、輸液ポンプの講習もあり、
とても盛り沢山な1週間でした!
2017414輸液ポンプ
2017414呼吸器


今日からはそれぞれの配属職場での研修がスタートします。
まだまだ看護師としての日々は始まったばかり……
これからが楽しみです!

卒後1年目症例発表会

2月16日、卒後1年目看護師による症例発表会が行われました!
ここ数年はナラティブ発表会だったので、1年目の看護師さんの症例発表は久しぶりです。

今回の症例発表のテーマは「職場に特徴的な疾患の病態を理解し、看護した症例」です。
それぞれの病棟に配属されて約1年弱の間に関わった患者さんやそのご家族について、また看護についてをそれぞれまとめました。
慣れない症例発表だったと思いますが、それぞれの看護がよく分かる発表でした。
20170216症例発表③

会場から感想が出たり、
20170216症例発表②

指導した先輩からのメッセージがあったりしました。
20170216症例発表①

4月になれば新入職員も入って来て、今回発表したみなさんもついに先輩になります。
自分の看護を忘れずに頑張ってほしいです!

若看学習会「心電図モニターについて」

1月27日、院内の若看委員会主催の学習会が行われました!

若看委員会とは、若い看護師さん同士の職場や年代を超えた交流などを目的にした委員会で、卒後1~3年目の看護師さんを中心にして毎年交流会や学習会を企画しています。
今回の学習会では事前に若い看護師さんたちにアンケートをとり、テーマを決定。
心電図モニター」に関して、委員や研修医の先生から発表をしてもらいました!

若看委員からは気を付けなければいけない波形とその場合の対処方法、
研修医の先生からは波形の見方や心電図が示しているものについて、より詳細に解説がありました

参加者は30名程度と小規模でしたが、それぞれ真剣にメモをとったりして学習に臨みました
心電図が苦手……という人は多いですが、この学習会で少しでもそれを払しょくしてもらえていたら嬉しいです

20170127若看学習会②
20170127若看学習会③
↑発表者の委員と研修医の先生

卒後3年目症例発表会

1月19日に卒後3年目看護師の症例発表会がありました

長野中央病院では入職後1年目、2年目、3年目にそれぞれテーマを決めての症例発表会があります
3年目のテーマは「地域との関わりなど社会に目を向けた症例」です
それぞれの職場で関わった患者さんについて、地域と患者さん自身、家族が問題にどう対処したのかをまとめ、発表しました
感想や質問、職場からの講評もあり、発表者側もも今後に生かすことができる会になったのではないかと思います

20170119会場全景
↑発表の様子

20170119フロア評価
↑参加者から質問と感想が寄せられます

長野中央病院の看護部の研修期間は3年間なので、今回の発表会は研修の締めくくりとも言えるものです
4月からはもう中堅といえる立場になってきます
3年間で学んだものを活かして、これからも頑張って欲しいです

看護部学習会「糖尿病」

昼間はまだまだ気温が高いですが、夜はめっきり涼しい今日この頃です。
台風のニュースも多く、秋だなあと思う瞬間も多くなりましたね。
今回は8月末に行われた学習会についてご紹介します。

8月31日、看護部学習会が行われました。
今回のテーマは「糖尿病」。
当院の医師を講師として毎年行われている学習会です。
当日は卒後1年目の看護師を中心にたくさんの参加者が糖尿病について学びました。
糖尿病を持つ患者さんの入院も少なくないので、学んだことはきっと看護に活かせるはずです。

講師
↑講師は内科の医師です

講義中
↑勤務終わりにも関わらずたくさんの参加者がありました